太陽光を有効的に使おう!

太陽光は、誰にでも平等に自由に利用できる自然エネルギーの一つです。折角誰でも使えるものなら、使わない手はありません。現代では、上手に太陽光を利用できるシステムがあり、その一つがソーラーシェアリングです。

ソーラーシェアリングの4つの利点

ソーラーパネル

収入の安定につながる

ソーラーシェアリングは、必要な設備を畑の上に設置さえすれば、他に定期的に何か作業をするという必要はありません。副収入として、不労収入があるというのは、収入の安定化に一役買ってくれます。

夏場の作業がしやすくなる

ソーラーシェアリングの設備は、畑の上にパネルを設置するというものです。その為、パネルの下に日影ができるので、日差しのキツイ夏場には特に作業がしやすくなるというメリットがあります。もちろん、作物の成長に必要な分の日光は十分あたるように設置されます。

エコにつながる

太陽光発電は、CO2を排出しないエコな再生エネルギーです。環境にやさしいエネルギーを利用するということは地球の未来にもつながります。ソーラーシェアリング太陽光発電の新しい可能性として注目を集めています。

農業に専念できる

現在では、専業農家は減る一方で、農業をやっている方も、兼業という形が多いです。ソーラーシェアリングで収入が増えれば、その分農業に専念することもでき、作物の品質を高めることができます。

土地を有効活用できる

農地の上に太陽光発電のパネルを設置するとなると、畑に光が当たりにくくなり農作物に影響が出るのではないかと心配されるかもしれませんが、必要以上の光は、光合成は行われず、成長に必要ないものです。ソーラーシェアリングは、余分な光を使い、更に土地を有効活用できる優れた技術です。

通常の太陽光発電とソーラーシェアリングの違い

住宅でもできる太陽光発電

屋根に設置するタイプの太陽光発電パネルを設置し、発電を行うシステムを導入するご家庭も増えています。このタイプは広い農地を必要とせず、自宅の屋根に取り付けるので、導入しやすいでしょう。

営農中の土地が対象のソーラーシェアリング

ソーラーシェアリングを行う条件としては、営農の適切な継続が条件とされています。その為、細かい規定があり、農業に支障があるとみなされる場合は許可されないことがあります。事業を行なうためには、いろんな準備が必要となるのです。

太陽光で副収入が得られる!ソーラーシェアリング活用法

一軒家

農業と太陽光発電を併用

ソーラーシェアリングの魅力は、何と言っても、農業用地でそのまま農業を行いながら、太陽光発電もできるということです。また、農業用地は、面積が広いく、ソーラーパネルを設置できる箇所も多く、更に一戸建てなどと比べて、周囲に遮る建物が少ないことが多いという太陽光発電を行う上でピッタリな条件がそろっています。現代では、農業だけでは食べていけないということで、兼業農家として農業を行っている方も多く、ソーラーシェアリングを上手く活用できれば、安定的な副収入につながり、農業に専念することも可能となります。ソーラーパネルの設置によって、夏場の作業では直射日光が和らぐといううれしいメリットもあります。作物の日光不足を心配するかもしれませんが、作物の成長に必要な分の日光は当たるように設計された、新しい技術が採用されています。

エスコシステムズの特徴を徹底リサーチ☆

広告募集中